私の祖母についてお話しします。
今生きていたら106歳です。
名前は、ソノちゃん👵 もう、15年前に老衰であの世に行きました。✈ 小柄でいつも朗らかに話し、朝早くから🌃夜遅くまで働いて、小銭を貯めていたおばあちゃんでした。 特に贅沢をするでもなく、何を食べても「🐴勝った!🐮が負けた!」と言い、両手をすり合わせ「😍極楽、😄極楽」と言っていました。 それを私が、引き継いで、又又それを3歳の息子が引き継いだのを観た時、ほんの小さなことにも感謝、感動する子になったんだ〜と😄とても幸せな気持ちになったことを思い出しました。
しかし私からは、少し変形したのを引き継いで、感嘆符の「ウワォ〜❢……オ〜❢」が前に付きました。 それから、不思議な偶然というのでしょうか、息子が何らかの岐路に立たされた時、
何かに守られているようなラッキーなことが起こることが多く息子には、「お前は、運が強いねぇ❢」と小さい頃から、ことあるごとに伝えていたら、最近息子が「俺って、運が強いんだ」と言っているのを聴きました。
👼ソノちゃん、ありがとうね!❢ 感謝を痛感することは、自分のしたことを省みる作業を行い、それにより、自尊感情を高め
自信をつけるのではないかと思います。

追伸
👼ソノちゃんヘ
近い内に、🍎青森県の下北半島の👹恐山に行きます!
「ありがとう」が言いたくて、イタコに乗り移ってもらって再会しょうね!
元気でね!?